エクセル(Excel)のパスワードを調べる方法

Excel(エクセル)ファイルのパスワードを忘れたと同僚が困っていたので、パスワードを解読(解除)してあげました。以下手順をメモします

ツールのインストール

有料のツールもありますが、無料で利用できる John The Ripper を使いました。

github からコードが入手できます

$ git clone https://github.com/magnumripper/JohnTheRipper.git

ビルドします

$ cd src
$ ./configure
$ make -j8

SDKを入れておけばCUDAやOpenCLも自動で有効になり、GPGPUを使った解析までやってくれるようです

使い方

1) 暗号化されたパスワード(ハッシュ)の抽出

パスワードを失念してしまったエクセルのファイル名をfilename.xlsx とします

まずは filename.xlsx からパスワードの情報を取り出します

$ cd run
$ python3 ./run/office2john.py  filename.xlsx > hash.txt

hash.txt にパスワード(暗号化されたハッシュ値)が保存されます

2) パスワードの解読

パスワードを解読します

$ cd run
$ ./john --show hash.txt

パスワードは数秒で解読できました。パスワードがたったの4桁の文字列だったためです。4桁程度の仕事で使うような「定番のパスワード」は一瞬で解読できるようです。


同様の手順でパワポ(ppt)やワード(doc)などのoffice系のファイルは全部パスワードを解除できるそうです。手順もかんたんなので、困ったときは試してみる価値ありそうです。